ファイルボックスはメーカーごとの要サイズチェック

無印良品とニトリを比較してみた【ファイルボックス】

仙台の無印良品研究家Maki Style菅原まき子です

 

これでまでファイルボックスは迷わず無印良品のモノを購入していました。

 

縦型・横型、ハーフサイズなどヴァリエーションあれど、規格サイズで悩むことはありませんでした。

 

ニトリさんのは、白くて明るい感じの色です。

 

ポリプロピレンファイルボックス・スタンダードタイプ・A4用・ホワイトグレー 約幅10×奥行32×高さ24cm

 

A4ファイルケース(オールホワイト)

 

 

 

 

5㎜の違いは大きな違い!

並べてみました。

 

話しとしては、他者とサイズが違う件は知っていましたが、実際夫が購入してきたニトリさんのファイルボックスを比較してみると、5㎜の違いが大きな違いであることが判ります。

ポリプロピレンバインダー A4・30穴・ABS樹脂リングタイプ

 

が、無印良品さんのは真っすぐ入り、出し入れにストレスがありません。

 

一方、ニトリさんの違いは、真っすぐ入りませんでした。

 

5㎜ってやっぱり規格サイズでは大きい差ですね。

 

一般的な紙類などであれば問題ありません。

 

今回、義父のリハビリ関連の書類と、町内会班長引き継ぎの書類を一時入れて置く必要が出て来たので、使用してみようと思います。

 

※押入れに入るので、インテリア的に既存の無印のファイルボックスたちとの違和感はありません。

価格的なことを言えば、価格の見直しをしてくださってる無印さんではありますが、ニトリさんと比べてしまうと少しだけ高い印象になりますね。

 

書類の整理じゃな靴解体などの場合は、かなりリーズナブルに購入できるのはニトリさんです。

ちなみにカインズホームにもファイルボックスはあるわけですが、サイズ展開がまた違ってしまうので、ミックスで使うことはおすすめしませんが、コーナーを限定してなどであれば、面が揃わないなどということも起こりにくいと思います。

 

カインズホームの場合、ワイドが幅11cmでスリムが7/5cmとかなり違ってしまうので、ご注意ください。

 

※カインズのは購入しての検証実験はありません。

 

ファイルボックス ワイドFBW-OW

 

ファイルボックス スリムFBS-OW