無印良品のバッグインバッグからわかる管理能力の高さ

ナイロンメッシュハードケース・小 黒・約10×13.5cmとの合わせ技

仙台の無印良品研究家Maki Style菅原まき子です

 

※周りも暗いので商品がよくわかりにくいと思いますが^^

 

先日のHP学習会の後、懇親会でご一緒させていただいた某IT企業社長様も、無印をよくご愛用いただいておりますが、この日もバッグインバッグについての話題になり、ご自身で使用中のものを見せていただきました。

 

残念ながら現在は取り扱っていないメッシュタイプですが(私のもそうなんですけども^^;)

 

 

中にも小分け用のナイロンメッシュハードケースの小さいサイズを使われて、しっかり管理されていました。

経営者たるもの、ご自身が管理されてこそ、成り立つ経営!と実感して、いたく感動いたしました。


バッグインバッグの中で使用されていたのは、おそらくこちら


 ↓ ↓ ↓


ナイロンメッシュハードケース・小 黒・約10×13.5cm



バッグインバッグ自体も小分けのポケットがありますが、細かいものは、さっと取り出せて戻せるが、維持しやすい1番のポイントです。


これは、他のスペースにも言えますが、今度開催する講座の中で、お子さんのおもちゃなど、一手間が後で結果的に楽だった・・・と感じていただける事例でお話ししたいと思っております。


社長様は、懇親会中にも、話題の名から仕事に繋がることは、部下の方に的確にサクサクと、指示されていらしゃいました。


流石!!(〃⌒ー⌒〃)